参加者の声 | インプロMIX交流会

参加された方から、こんな感想を頂きました。

「昨日はありがとうございました。 気持ちのいい素敵な方ばかりの交流会で、 ほんとに参加してよかったなと思いました。インプロのおかげで、それぞれの個性も見え、ちゃんとひとりひとりとつながれる交流会だったので素晴らしいなと思います。 いろいろな気づきもあり、遊び心も100%満足できて、 本当にいい体験でした。 」(40代・女性)

riselink_no19_100730_impromix_05.jpg

「楽しかった。皆と話しやすかった」(30代・女性・事務員)

「みんなと繋がれて、勉強にもなってよかった!!」(岡山未砂さん ・30代)

「こんなに参加者がうちとけられるなんてスゴイ!!です。」(深川恵理子さん・営業職)

「おもしろかった」(星野一夫さん・20代・システムエンジニア)

「私達は想像力があれば何処にでも行けるし何者にだってなれるって思い出すことが出来ました。」

「少人数でも、極端な話2人だけでも楽しめるのだと、日々をもっと楽しみたいと思いました。」

「1つ1つのゲームがすごく楽しかった。子供の頃に戻ったような感じになる。」

「無茶振りも受けてくれて嬉しかった」

「人のフィルターを通すだけで勝手に変化が生まれて新しいものができるというのがわかった。何も分からなくてもどんどん人と関わって行こうと思った」

「何かをしなきゃという事よりも、触れ合う事に意味がある」

「何もない所から、生まれていくんだなぁ」

「私が最近、ずっと求めていたものがここにありました。」

「親戚のような感じになれた」

「『今を楽めるか否か』はその状況に関係なく自分が楽しむかどうかを選ぶ事で決まる。そして目指すところだけを見て苦しみながらそこに向かうよりもみんなと一緒に『今』を楽しみながら今起こる事を受け入れる、人と何かを作っていく、何かをプラスしあって行くことでどんどん予想だにしなかったものが出来上がっていき、日々を楽しみ、当初思っていたところよりもず~っと上にいけるんだ!という事を疑似体験することができました。」(主催者)

「それはちょうどいい!がかなりヒットでした。 ピンチはチャンスの思考転換で、訓練になると思いました。」

「体と声を使ってコミュニケーションをとると場が和むし、面白い。 インプロを続けていくと、同じ思考回路にならずに いろんなアイディアがでるようになると思う。」

「すごく笑えて、良かった。楽しかったです。」

impro16_20110922.jpg

「楽しみにきて良かったです。子供とやってみたい」

「仕事場では出し惜しみしたり、遠慮したりしているが、 みんながこれを基準にして仕事をしたらすごくいいと思う。」

「インプロを一緒にやると、 2,3ヶ月会っていなくても再会したときに「あ~!」って距離が近くなるんですよね。他の交流会で出会った人とだとまた一線あるところからになっちゃうんですけど。」

「気付きが1個得られるだけでいいと思う。インプロは能力開発のベースだと思うし、みんなが笑顔になるのは必要だと思う。」


「一歩違う世界へ踏み出すと、そこから何かが開けるのだなと思った。インプロに参加するというのも一歩だし、インプロの中でちょっと普段の自分の殻から外に出てみようというのも一歩。未来を変えたければ、自分が一歩、踏み出す事が必要なのだと思いました。」

「オファー(相手からの言葉など)はどんなものでもプレゼントなのだと思った。
 そう捉える事で、より楽しく、より生産性が高くなると感じた。」

「普通にしていたら出会わない人と出会えた。」

「みんな楽しもうとしていて、一気に打ち解けられた」


「交流会はよく行くが、人と仲良くなるのにすごくいいと思った。」

「体を動かすとアイディアが出る」

「普段、人の話を聞くことが多いが、
 受け取る事ができていなかったと感じた。」

「最初と最後で雰囲気が全然違う。」

「ゲームの中から、終わっても、Yes,andがすごく残っている。
 テーマが体感できるのはいい。」

「楽しかった。人の話をプラスに捉えていきたい。」

「入ったときから、皆さんいい人ばっかりだった。」

「普段、「それは良くないよ」「何言ってんの?」という光景がよくあるが、
 いいアイディアを出していく事を、明日から仕事でも使っていきたい。」

「良い感情が素直に出せるのは、インプロのすごい力だ。」

「物事がすべてポジティブに捉えられていく。」

「すごい人見知りだったのが、克服できそう。」

「普段、何をするにも考えすぎているが、それほど考えなくても
 人とコミュニケーションをとれば物事を創り上げていく事ができるんだと思った。」

impromix20110816-3moz.jpg

「成功に必要なメソッドも入っていて
 人生において大事なことをすごく学ばせてもらった」

「笑うことで免疫力がアップして、血行も良くなった。」

「風邪が治った。」

「今、なかなか受け入れてもらえない事業をやろうとしていて
 このタイミングで参加できたのが良いきっかけになりそう。
 自分の感情で喋るのではなく、相手の感情を知ることや
 こちらが心を出して、それから相手が出してくれるとことが分かった。」

「自分がしてきたことが間違ってなかったんだなと思った。
 世の中を救うのは、バカしかない!」

「人の扉も自分の扉も、開く瞬間が見えた。」

「ありがとうと気持ちよく受け取ってもらえると
 もっと与えたくなるという心理を体感できた。」

「過去のマイナスな出来事も、プラスに捉えると過去が意味あるものに変わる。」

「受け入れて、そこに足していく事ってめちゃくちゃ楽しい。普段からそう在りたい。」

「何かを発信するよりも、大きく受け取ってあげる方が相手を喜ばせられるんだと思った。」

「最初はゆったりだったが、テンポが良くなっていくにつれて楽しくなってきた。
 コミュニケーションはテンポが大事だと思った。」

「否定は蝕(むしば)んでいく。Yes,andが本当に大切だ。」

「普段、フットサルなどをやっていて、なかなか人の名前を覚えられないが、
 インプロでは一発でみんなの名前がスパッと入ってきた。」

「楽しいですね!素人はやっているつもりでもアクションが少ない、
 もっとガンガンやってもいいんだと思った。」

impromix_vol.7_20101221-3.jpg


「最初は恥ずかしくてなかなか自分を出せなかったので
 もっといじって欲しかった。」

「Yes,andに変えただけで話が進んでいって、
 これで即興劇ができるんだとビックリした。」

「ストレッチの時など、さやかさんのイメージのさせ方が上手いなと、
 イメージが大事なんだと思った。」

「誠意を持ってフォーカスするのは、全てに繋がるのだと思った。
 その人をちゃんと見て、繰り返す事が大事だと感じた。」

「初めてやった。非常に面白かった。」

「何回も来ているが、いつもと違うゲームが新鮮だった」

「自分を出すとみんなもやってくれるんだと気付いた。発散ができた。」

「今日初めて参加して、自分は人見知りで恥ずかしがり屋だし
 どんなことをやるんだろうというドキドキとできるかなという不安があったが、
 いざやってみると純粋に楽しくて、
 仕事では電話だけなので今日は言葉のない逆の発想が得られた。」

「こうやれば声だけで届くんだとか、
 仕事では言葉を発しないで体で伝える機会があまりないので
 新鮮な経験をさせていただいた。」

「来たときは何をするのか不安で自分のまわりに壁を作っていたが
 最初の牛たんゲームで楽しくなれて壁もなくなり打ち解けられた。」

「注目されるのは苦手だが、壁がなくなるとそれもいいかなと思えた。」

「言葉を使わなくても伝わるんだという事を知った。」

impromix21-1.JPG

「やってみるまではこれだと伝わらないかもと尻込みするが
 迷わずやってみるのが大事なのかなと思った。」

「どう伝えるのかを考える以前に
 伝えたいという想いが何より大事なんだと大きな気付きを得た。」

「後ろ向きの誰か1人に伝えるゲームで
 俺かな?とだんだんこうやって届くんだと感じた。」

「やってないインプロのゲームができて楽しかった。新鮮はいつまでも続く」

「今日だけに得られるものがあると感じた。」

「感動を与えてもらった。」

「こういうのを、交流会って、ゆーんだなぁ。」